トレード手法

【株初心者必見!】支持線・抵抗線の概要とおすすめの引き方徹底解説!

  • 支持線・抵抗線ってどうやって引くの?
  • どんな効果があるの?
  • トレードでどんな風に活用してるの?
ハミガキたこさん

このような悩みを持っている方におすすめの記事です

本記事の内容
  • 【使いこなせば効果絶大!】支持線・抵抗線の概要
  • 【ハミたこ流】支持線・抵抗線を引く際のポイント3選
  • トレンド別支持線・抵抗線の引き方
  • トレンド別エントリーポイント

今回は初心者でもすぐわかる、支持線・抵抗線の基本を解説します。

また、中級者でも悩む人が多い、支持線・抵抗線を引く際のポイントについても触れますので、楽しみにしていてください。

もうちょっと深く踏み込んだ支持線・抵抗線の記事を読みたい方は別記事で解説しています。

【見分け方徹底解説!】チャートに現れる強い支持線・抵抗線の特徴3選この記事では、強い支持線・抵抗線の特徴について解説します。実はすべての支持線・抵抗線が同じ強さなわけではありません。 それを理解することで、そろそろ割れるか、反発するか予測しやすくなります。また、支持線割れしやすい値動きの特徴も紹介しています。この記事を読んでトレード勝率をアップしましょう。...

支持線・抵抗線を活用することで、トレードの成績は大きく向上します。

この記事を読むことで、支持線・抵抗線の概要と線の引き方について理解できるようになります。

ハミガキたこさんの自己紹介の画像

3分程度で読めるので、支持線・抵抗線について詳しく知りたい方はぜひ最後まで読んでください。

\投資家で使っていないと損してます/

【使いこなせば効果絶大】支持線・抵抗線の概要

【使いこなせば効果絶大!】支持線・抵抗線の概要のテーマ画像

まずは、使いこなすことでトレード成果がグンと上昇する、支持線・抵抗線の概要について解説します。

支持線・抵抗線とは

支持線・抵抗線の解説チャート

支持線・抵抗線とは、高値同士、安値同士の2点を通る線のことです。

  • 支持線:2点の安値を結んだ線
  • 抵抗線:2点の高値を結んだ線

支持線・抵抗線を引くことで、今の株価がどの価格帯で動いているのかが一目でわかるようになります。

トレンドを掴むことができるので、株価がどの方向へ動いているのか理解しやすくなり、トレードを有利に進めることができます。

支持線・抵抗線の効果

支持線・抵抗線が株価に与える影響について解説します。

次の2点が主な効果です。

  1. 支持線・抵抗線付近で株価が反発しやすい
  2. 支持線・抵抗線を突破(ブレイクアウト)するとトレンドが変わる

①支持線・抵抗線付近で株価が反発しやすい

支持線・抵抗線の反発を説明するチャート

株価が支持線・抵抗線に近づくと、反発する可能性が高くなります。

チャートを見ると、支持線・抵抗線付近で株価が反発しているのがわかります。

この性質を利用してトレードすることで勝率が上がります。

②支持線・抵抗線を突破(ブレイクアウト)するとトレンドが変わる

支持線・抵抗線のブレイクアウトの解説チャート

支持線・抵抗線を突破(ブレイクアウト)するとトレンドが変わる可能性があります。

ブレイクアウトを狙って、トレンドの初動を狙うエントリーも効果があります。

支持線・抵抗線を使ったトレードの流れ

支持線・抵抗線を使ったトレードの簡単な流れを解説します。

  1. 支持線・抵抗線を引く
  2. 支持線・抵抗線に株価が近づくのを待つ
  3. 株価が近づいてきたらエントリー

①支持線・抵抗線を引く

支持線・抵抗線を用いたトレード説明チャート1

まずは、高値・安値を探して支持線・抵抗線を引きます。

今回の場合、ほぼ横ばいなので水平線を引きます。

引き方のポイントについては後ほど解説します。

②支持線・抵抗線に株価が近づくのを待つ

支持線・抵抗線を引いたらじっくり待ちます。

トレンドができたらトレンドに逆らわないのが鉄則です。

今回は横ばいトレンドが発生している状態なので、支持線・抵抗線以外でエントリーするのは非常に危険です。

焦らずに待ちましょう。

ハミガキたこさん

トレードは待つことがとても大切!焦らないで

③株価が近づいてきたらエントリー

支持線・抵抗線を用いたトレード説明チャート2

株価が支持線・抵抗線に近づいてきたら反発を期待してエントリーします。

今回のチャートの場合、3回の売りのチャンスと2回の買いのチャンスがありました。

多くのトレーダーがこの線を意識しているので、株価が線に近づくと反発する確率が高くなります。

また、支持線・抵抗線付近でエントリーすることでリスクの少ないトレードをすることができます。

もちろん、支持線・抵抗線を割ってしまう(ブレイクアウトする)こともあるので、損切り設定は忘れないようにしましょう。

【ハミたこ流】支持線・抵抗線を引く際のポイント3選

ハミたこ流支持線・抵抗線を引く際のポイント3選のテーマ画像

支持線・抵抗線を引くといっても、どうやって引いたらいいのかわからない人は意外と多いです。

そんな方に向けて支持線・抵抗線を引く際の3つのポイントを紹介します。

  1. 線はローソク足のどの部分を通ってもいい
  2. 線は太めにするべし
  3. 線は基本的に平行にするべし

①線はローソク足のどの部分を通ってもいい

支持線・抵抗線を引く際に、ローソク足のどの部分を結ぶべきか悩むと思います。

結論を言うと、明確な基準はありません。どの部分を通っても大丈夫です。

なぜなら、明確な基準を設けてしまうことで柔軟さが消えてしまうからです。

チャートは一定の法則に基づいて動きますが、正確無比に動くわけではありません。

チャートの流れを見て、支持線・抵抗線を引く場所を調整します。

これには、経験と勘が必要ですが非常に重要です。

②線は太めにするべし

支持線・抵抗線の太さについて説明するチャート画像

支持線・抵抗線は太めにすることが大切です。

なぜなら、支持線・抵抗線をどこで突破したか判断することが一番難しいからです。

突破したと思ったら、実はダマシでまた株価が戻ってくるということはよくあります。

ダマシに合わないためには、支持線・抵抗線を太めにしておくことが大切です。

また、値動きの激しい銘柄の場合は、さらに太めにすることが大切です。

値動きの激しい銘柄は下髭や上髭が長くなりやすく、支持線・抵抗線を飛び出しやすいからです。

支持線・抵抗線は太めに。また、銘柄によって太さを調節するようにしましょう。

ハミガキたこさん

株価がブレイクアウトしたと見せかけて、再び元のトレンドに戻ることを『ダマシ』と言ったりします。

③線は基本平行にするべし

支持線・抵抗線は平行がいいことを説明するチャート

支持線・抵抗線は基本平行にします。

レンジ相場であれば、2本の線は水平線にします。

上昇トレンドであれば、支持線を軸に抵抗線を平行に、下降トレンドであれば、抵抗線を軸に支持線を平行に引きます。

平行にする理由としては、『平行チャネル』という指標があるように、平行を意識しているトレーダーが多いためです。

ただし、明らかに平行でない場合は、無理して平行にする必要はありません。

先にも述べたように、完璧を求めて引かず柔軟な思考で引くようにしましょう。

トレンド別支持線・抵抗線の引き方

トレンド別支持線・抵抗線の引き方のテーマ画像

ここからは、トレンド別に支持線・抵抗線の引き方を解説します。

上昇トレンドの場合

支持線・抵抗線の引き方
  1. 支持線を引く
  2. 支持線に平行な線を引く(抵抗線・チャネルライン)

上昇トレンドの場合、まずは支持線を引きます。

上昇トレンドでの支持線・抵抗線の引き方チャート画像1

次に、支持線に対して平行な線を引きます。

チャネルラインと呼ぶこともあります。

利確ポイントとして意識するようにしましょう。

上昇トレンドでの支持線・抵抗線の引き方チャート画像2

上昇トレンドの場合、支持線がとても重要になってきます。

なぜならば、上昇トレンドで株価が支持線を割る(ブレイクアウトする)と、トレンドが変わる可能性があるからです。

レンジ相場や下降相場に移り変わる時は必ず支持線をブレイクアウトします。

支持線割れブレイクアウトを説明するチャート

抵抗線を突破したとしても、さらに上昇トレンドが続くだけで、トレンド転換とはなりません。

そのため、上昇トレンドにおいては支持線が重要になります。

下降トレンドの場合

支持線・抵抗線の引き方
  1. 抵抗線を引く
  2. 抵抗線に平行な線を引く(支持線線・チャネルライン)

下降トレンドの場合、まずは抵抗線を引きます。

下降トレンドでの支持線・抵抗線の引き方チャート画像1

次に、抵抗線に対して平行な線を引きます。

利確ポイントとして意識するようにしましょう。

下降トレンドでの支持線・抵抗線の引き方チャート画像2

下降トレンドの場合は、抵抗線がとても重要になってきます。

上昇トレンド時とは反対の理由です。

株価が抵抗線を突破する(ブレイクアウトする)と、トレンドが変わる可能性があるからです。

そのため、下降トレンドにおいては抵抗線が重要になります。

レンジ相場の場合

レンジ相場での支持線・抵抗線の引き方チャート画像1

レンジ相場の場合は、支持線・抵抗線に優先順位はありません。

ポイントとしては、水平線を使うようにすることです。

前回の高値・安値とほぼ同値だった場合、レンジ相場とみなして大丈夫です。

トレンド別エントリーポイント

トレンド別エントリーポイントのテーマ画像

トレンドによって最適なエントリーポイントは変わります。

チャートを用いて、基本的なエントリーポイントについて解説します。

今回紹介する支持線・抵抗線には様々な呼び方があります。

今回は初心者でも理解しやすくするために、すべて『支持線・抵抗線』としています。

上昇トレンドにおけるエントリーポイント

上昇トレンドでのエントリーポイント説明画像1

支持線・抵抗線が右肩上がりになっているチャートは上昇トレンドです。

上昇トレンドでは、支持線付近で『買いのエントリー』をすると勝ちやすくなります。

一方、上昇トレンドで『売りのエントリー』をすると負けやすくなるので避けるようにしましょう。

上昇トレンドでのエントリーポイント説明画像2

上昇トレンドでは、支持線付近で『買いのエントリー』が鉄則

エントリーサインのアイキャッチ
【勝率UP】株スイングトレードのエントリーサインはコレだ!値動きの初動を捉えるサイン『下半身』についての解説記事です。実際のチャートを用いて、検証も行っています。優位性についてお伝えしています。...

下降トレンドにおけるエントリーポイント

下降トレンドでのエントリーポイント説明画像1

支持線・抵抗線が右肩下がりになっているチャートは下降トレンドです。

下降トレンドでは、抵抗線付近で『売りのエントリー』をすると勝ちやすくなります。

下降トレンドで、『買いのエントリー』は危険なので避けるようにしましょう。

下降トレンドでのエントリーポイント説明画像2

下降トレンドでは、抵抗線付近で『売りのエントリー』が鉄則

レンジ相場におけるエントリーポイント

レンジ相場でのエントリーポイント説明画像1

レンジ相場(横ばい相場)では、支持線と抵抗線が水平になります。

エントリーポイントは支持線付近での『買いのエントリー』抵抗線付近での『売りのエントリー』となります。

レンジ相場でのエントリーポイント説明画像2

しかし、トレンド発生時に比べると利益を上げづらい環境です。

レンジ相場でエントリーするのであれば、タートルスープ戦略がオススメです。

支持線・抵抗線を使うことでより勝率が上がります。

タートルスープ・タートルスーププラスワン戦略アイキャッチ画像
【トレーダー必見!】タートルスープ・タートルスーププラスワン戦略を大量図解で徹底解説短期トレーダーは必見!この記事では、タートルスープ・タートルスーププラスワン戦略について画像盛りだくさんで徹底解説します。実はシンプルな投資手法なので初心者も取り組みやすいです。この記事を読むことで、明日からタートルスープ・タートルスーププラスワン戦略を使うことができるようになります。...

三角保ち合いにおけるエントリーポイント

え、急に新しい言葉が出てきた。

と驚かないでください。大丈夫です。

三角保ち合いとは、右に行くにつれて支持線と抵抗線が近づいていく状況のチャート形状を言います。

実際にチャートを見てみましょう。

三角保ち合いでのエントリーポイント説明画像1

この形を三角保ち合い(さんかくもちあい)と呼びます。

三角保ち合いの際中にトレードすることは、あまりおすすめしません。

この形の場合は、ブレイクアウトした時にエントリーするのがおすすめです。

三角保ち合いのブレイクアウトから発生したトレンドはしばらく続くことが期待できます。

三角保ち合いでのエントリーポイント説明画像2

三角保ち合いでは、ブレイクアウト後のトレンド初動でのエントリーが鉄則


【追記】上記の三角保ち合いの後、抵抗線をブレイクアウトして上昇しました。

ハミガキたこさん

三角保ち合いの後は、強いトレンドができるのがわかるね!

まとめ 支持線・抵抗線をマスターすることでトレードに強くなる

まとめのテーマ画像

今回は、【株初心者でも簡単】支持線・抵抗線の概要とおすすめの引き方を徹底解説しました。

まとめは以下の通りです。

まとめ
  • 支持線・抵抗線は高値2点・安値2点を結んだ線
  • 支持線・抵抗線付近で株価が反発しやすい
  • 支持線・抵抗線を突破するとトレンドが変わりやすい
  • 線を引く際には、感覚と太さがポイント
  • エントリーポイントはトレンドによって変わる

支持線・抵抗線は日々のスイングトレードの強い武器になります。

普段使っていない方は、ぜひこの機会に支持線・抵抗線を意識したトレードをしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

強い支持線・抵抗線の特徴と支持線割れしやすい値動きの特徴についても詳しく解説した記事を更新しましたので、あわせて読んでみてください。

【見分け方徹底解説!】チャートに現れる強い支持線・抵抗線の特徴3選この記事では、強い支持線・抵抗線の特徴について解説します。実はすべての支持線・抵抗線が同じ強さなわけではありません。 それを理解することで、そろそろ割れるか、反発するか予測しやすくなります。また、支持線割れしやすい値動きの特徴も紹介しています。この記事を読んでトレード勝率をアップしましょう。...

ハミガキたこさん

このブログでは他にもスイングトレードの手法についても紹介しているよ!

トレード成績を改善するには、投資の振り返りが重要です。

ハミガキたこさん

無料で使える株アプリ、カビュウでトレード日記をつけましょう!

【批判レビューも紹介!】評判の株アプリ『カビュウ』徹底解説|無料での活用方法も解説!株アプリ『カビュウ』を導入することで得られる2大メリットについて解説している記事です。導入前に気になる批判レビューも取り上げました。また、無料で投資成果アップが期待できる使い方も紹介。『カビュウ』を導入するか悩んでいる人はこの記事を見て、自分に必要かどうか確かめてみてください。...

投資は自己責任です。最終的な判断はあなた自身が行うものです。

しっかりと計画を立てて真剣に取り組みましょう。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村